Des détenus francophones demandent à rencontrer l'aumônier (prêtre catholique) francophone pour des entretiens de réconfort. L'administration pénitentiaire le permet à condition qu'un surveillant soit présent et que le dialogue soit traduit en japonais pour que le surveillant le comprenne et constate qu'il n'y a rien d'illégal ou dangereux dans la conversation, de plus l'interprète ne doit pas faire partie des relations du détenu.
Les dates de ces entretiens sont fixées par la direction de la prison sur proposition de l'aumônier quinze jours à l'avance, il s'agit d'une demi-journée pour éventuellement rencontrer plusieurs personnes car la prison (proche de la gare Kita-Fuchu) se trouve àune petite heure de Iidabashi et les horaires de visites sont 9h00-11h30 et 14h00-16h00 du lundi au vendredi.
Les frais de transport et de repas seront remboursés. L'activité débutera en septembre. POUR TOUS RENSEIGNEMENTS, cliquez sur contact.  

ボランティア募集(通訳)
フランス語を母国語とする外国人拘留者は、日々、フランス語を話すことも
できず、留置されています。彼らは、フランス人の神父との面会を強く望んで
います。しかし、面会時には、会話の内容を、都度、日本語で、看守に報告し
なければなりません。そこで、立ち合いの上、フランス人神父と拘留者の会話
の内容を通訳してくださる方(フランス語から日本語へ)を探しています。
会話の内容は、日常生活に関することとなりますので、特別な知識は必要あ
りません。法律に違反したり、危険に準ずることもありません。また、面会の
目的は、カトリック神父による慰問以外にはありません。

・刑務所の最寄り駅 北府中(JR武蔵野線)
・面会の時間帯 平日(月~金)9時から11時30分 , 14時から16時
・面会の日時 面会日の約2週間前に決定
・面会時間 45分から2時間(小休憩含む)
・回数 1か月に1、2回の予定
・実費支給 交通費、食事代

2016年9月より、開始の予定です。
ご協力いただける方、また、より詳細をご希望の方は、下記まで、ご連絡くだ
さい。